>
主催大会

 

都民体育大会

本大会は、広く都民の間にスポーツを普及し、地域スポーツの振興と地区の友好親善を目的に、昭和22年から区市町村対抗で毎年開催【昭和34年は中止】され、男子総合優勝地区には高松宮殿下記念杯を、女子総合優勝地区には高松宮妃殿下記念杯が授与されます。
大会は、夏季大会(水泳、ゴルフ)・冬季大会(スキー・駅伝競技)・春季大会(陸上競技・サッカー・テニス・バスケットポール他)を通して実施され、区市町村を代表するスポーツ選手約15,000名の都民の皆さまが参加する、東京都体育協会最大規模のスポーツ大会です。

結果はこちらをご参照下さい。

 

都民生涯スポーツ大会

本大会は、スポーツを愛好する中・高年者を主たる対象としたスポーツ大会で、参加者がお互いに技を競いながらスポーツに親しむことにより、生涯にわたるスポーツ活動のより一層の普及を目指ため、毎年開催しています。
実施時期は、毎年9月を中心会期として水泳・陸上競技・ソフトバレーボール・ラージボール卓球等の計17種目が実施され、都内スポーツ愛好者約5,000名が参加しています。

 

 

シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO

 

>>シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO

 

都体協主催大会 大会結果
    

  ★(公財)東京都体育協会危機管理マニュアル

  ★スポーツによる脳損傷を予防するための提言

  ★熱中症事故等の防止について