>
スポーツ少年団

 

 

スポーツ少年団の理念と目的(本部長  田村 嘉健)

スポーツ少年団の創設は昭和37年に、わが国初のオリンピックの開催を契機に「スポーツによる青少年の健全育成」を願う社会の要請に応え、日本体育協会の創立50周年記念事業として、その組織作りが全国的に進められました。
 

東京都スポーツ少年団は翌38年に都及び区市の体育協会にスポーツ少年団本部を設けたことに始まり、第18回オリンピック東京大会に於ける万国旗揚場が団員参加初の活動となりました。以来、都・区市本部が一体となり、行政当局の支援を得、家庭・地域・学校との連携をとり、地域に根ざし、地域で育てるスポーツ少年団を目指して、団員の拡充、指導者の養成等多彩な団活動を展開しております。
 

先輩の指導者たちが幾多の困難を乗り越え、少子化とは言え、1万2000余名の団員・指導者のいる団体であります。「スポーツによる青少年の健全育成」が理念であるならば、スポーツをとおして心身共に調和のとれた人材を育成することにあり、又、団員自ら健康な身体と心を養う事であり、自身の隠れた能力を伸ばす努力をし、その中で社会の規範・道徳・精神文化を身につけ、お互いの人格を尊重し、世界平和を目指す人間を育成するのが目的となります。21世紀は人間尊重の時代です。地域に根ざしたスポーツ少年団として、理念を目標とし、団員は勿論、指導者、役員はなおのこと、衿を正し、手を携えて共に頑張りましょう。

 

東京都スポーツ少年団の活動内容

スポーツ少年団は、それぞれが独自に自主的で主体性をもった活動を展開しています。そのため、特定のスポーツ種目のみの活動を行うのではなく、野外活動や文化・学習活動など、ジュニア期に必要な幅広い分野での様々な交流体験活動を年間計画の中に組入れています。

  • 東京都スポーツ少年団の事業概要活動 … 事業概要 ←開催要項等のダウンロードはこちら

 

リーダー会から

東京都リーダー会には、東京都のスポーツ少年団に所属する高校生以上の男女計20名程度で活動しています。 私たちの活動はいろいろありますが、都内のスポーツ少年団大会や都民体育大会の開会式の運営補助も主な活動の1つです。
また、毎年夏にジュニアリーダー・スクールがあり、そこでレクリエーションの指導や運営補助を行いながら団員たちと共に学んでいます。 これらの事業の打ち合わせ、企画、事後報告などを月に1度定例会を開くことも大事な活動です。
リーダーの研修制度にはジュニアリーダー・スクールだけではなく、20歳未満の者に対し、シニアリーダー・スクールというものもあります。ここではより良いリーダーの育成を目的として講義、班別のディスカッションを中心に「慕われるリーダーとは何か?」を学びます。 私たち、東京都リーダー会では活動を行うには少々人数が少ないため随時リーダーを募集しています。もっと詳しく知りたい方は下記をクリック!

 

 

スポーツ少年団への加入(登録)申し込みについて

 

●登録について

 

 ★ 新規でスポーツ少年団に加入を希望する団体は、下記の設置区市のスポーツ少年団本部にご連絡の

  上、Webシステムで登録をしてください。

 

  ☆新規の単位団Web登録マニュアル

 

 ★ 更新の単位団は、毎年4月1日~6月末までにWeb登録システムにより、所属各区市スポーツ少年団本部に

  登録を完了してください。

 

  ☆更新の単位団Web登録マニュアル

 

◆スポーツ少年団設置区市(2016.6.3現在37区市本部)

 

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 江東区 目黒区 大田区 
世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 板橋区 練馬区 足立区 
葛飾区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市 町田市 
小金井市 小平市 日野市 東大和市 国分寺市 国立市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市
西東京市              

 

 

   ★(公財)東京都体育協会危機管理マニュアル

   ★スポーツによる脳損傷を予防するための提言

   ★スポーツ少年団登録者処分基準の制定